2017.03.14 復活に向けて
年末の事故から2月半 
ほぼ健常な日常生活がおくれるようになり健康のありがたさとオカンの偉大さ(笑)に感謝しております。
骨折局所はつながったのか?というとそんなトカゲの尻尾ではあるまいし折り返し地点であろうとお医者さまから笑われました。
現在の状況はヒネリの強い動作でズキンと響く程度であり慎重にそのような動作、負荷を避けた行動の日々である。よって今の限界値(局所に無理が来ない)範囲がとらえきれず必要以上に警戒した、臆病な動作になっており
じじいのようだ   笑

迫りくる老後の介護生活を
シュミレーション・実践してみた

って感じか!?     笑

≪今月の目標≫
○自転車に乗ってみる     笑

まずはここからだ、コケなければイケると思う
  ※悲しいぐらい臆病なわたし 


○バイクに乗ってみる     ウソ
正確には「またがってみる」が正しい表現であり草原を駆け巡る妄想で己を鼓舞したい。 
コケたらどうなっちゃうんだろう?
更に肋骨がパラパラになるのか?
※オカンの鬼の形相が目に浮かび更に恐怖心を煽る 笑


この二か月半が空白となっておりどの状態でお遊びが中断していたのか確認してみます

2ストエルシノア レストアごっこ
※負傷前2016/12のお遊び
P1030569.jpg

昨年の12月はパーツのレストアには欠かせないサンドブラスト2号機をまずは作成
掃除機にてサイクロン集塵機を試作した力作でしたがなにぶんにも総経費数千円のチープな仕様にて理論は習得できましたが機能としては数分で自爆のなんちゃってブラスター 笑
なんとかヘッド、シリンダーは強引にブラスト完了までこぎつけ耐熱ペイントも吹付て腰上完了!
P1030600.jpg

またこの間にご近所の友人の息子「ともひと」君(二十代後半か?)が腐ったセローを持参してレストア参戦
「バイクもらってくるから直し方教えて~」とのご依頼
ちょくちょくガレージに遊びに来ていた幼少期から付き合のあるご近所のジュニアからの援助要請におじさん快諾、エルシノアとセローの同時レストア進攻の運びとなっていきました。

P1030605.jpg

セローの進捗状況はフロントサス、ブレーキ、キャブ、ガスタンクのオーバーホールが必要でありここまで分解、パーツを発注する段取りに

ここで年末を迎え私の骨折事故発生
時間が止まったままに


さらに運命のいたずらか?
ともひと君、4/1より
「高山への転勤辞令発動!」
彼は公務員であり数年ごとの辞令はお約束なんでしょうがこのタイミングで高山とは
どうする・・・?
この残骸邪魔なんですけど・・・・
ウソ、ウソ
「おじさんどうにかするしかね~な」
そもそも私の負傷が予定を狂わせた誘因でありますのでまずはセロー仕上げるか
あ~ガレージにまたゴミが増えた  笑

現在しゃがんで活動する事に多少の痛みが走りバイクイジリも時期尚早、まったくヒマすぎますがウオーキングリハビリを日々淡々と続けています。

Secret