上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
純正サイズの56mmピストン
01P1030310.jpg

ピストンピンとベアリング
01P1030316.jpg

ピストンリングのみの交換でイケそうか?
問題はシリンダーの錆!!!
01P1030322.jpg

とりあえず耐水ペーパー1000番でポリッシュ
01P1030329.jpg

ん~深く浸食してる!!!
ここで必殺の小道具投入
「お手軽ホーニングセット」 ¥1700円
01P1030357.jpg

単純なつくりではありますが理にかなってる道具であり真円を削るにはGOOD
01P1030384.jpg

ピストンリングと接触していた近辺の腐食跡が残り指の感触でも段付きを感じる。
もっと削るべきか?

っていうかホーニング程度の研磨ではなくボーリング+オーバーサイズピストンの範疇か?

ちなみにクランクの状況はまだ割っておりませんが厳しそうな状況・・・・・・
01P1030308.jpg

0189ce6f389827836c9480a6a2f781f7469f8a7fb9.jpg

残すはクランク割に突入し全貌を見極めようかと思いますが肝心のサービスマニュアル及びパーツマニュアル入手に戸惑っています。 
未だ購入してないのであります。
ヤフオクでの怪しいコピー物を購入すべきか、当時物の本物を適価で落札すべきか  (笑)  
本来わたくしはパッチモンが笑えて好きなのでありますが価格設定がビミョ~且つ巧妙に値付けされておりなんかスッキリしない。不許複製であるコンプライアンス上の問題はさておき必要に迫られてる足元を見透かされてる感がわたくしの自尊心にひっかかり「その手には乗らん」と無駄に頑張っちゃう自分が止めれない
めんどくせえ 自分(笑)






Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。