上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
○槍ヶ岳の穂先がくっきりと
01IMG_4492.jpg

今年も紅葉の季節がやってきた。
秋といえば「涸沢の紅葉」に
毎年のように憧れるのでありますが
どうしても日程と天候、そして
山小屋での大混乱とトイレ40分待ち!!
に憂鬱となり今年もパス(根性なし
今回は富山側からの立山へと
今シーズンの紅葉トレッキング
スタート!

01IMG_4471.jpg

立山駅で前泊、
翌朝始発のケーブルカーで美女平へ
ここからはバスに乗り換え
弥陀ヶ原経由「室堂」へ
所要時間計1時間程度

この「室堂」と命名された
登山基地??とはいかに???

古来、日本には巨石・大木・高山など
精霊、神が宿るとする信仰からはじまり
仏教伝来とともに密教、曼荼羅などの
仏教思想とが習合
山伏などに代表される山岳信仰が
日本全国の名山に建立されたそうです。

当時、命がけで修験道として登頂し
この室堂に修験者が籠られた聖地であり
バスでここまでこれちゃうなんて
誠に申し訳ない  笑

立山曼荼羅で表現される
極楽浄土と地獄界
また女人禁制であった女性の
救済措置としての「布橋灌頂会」、
興味は尽きない、おもしろすぎます

旅の事前調査(しつこいわたし 
行く前に調べさらに面白くするか、
行った後に感動し、調査後リピートするか、
旅、トレッキングは
歴史と文化(神道と仏教含む)を絡ませると
味わい深く楽しめます

01IMG_4490.jpg
01IMG_4456.jpg

毎回のトレッキングで
ますますの健脚ぶりを発揮される
スーパーオカン
年々パワーアップされ
日々の生活にも圧力を感じる
今日この頃   

早朝より16:00、立山駅まで下山
丸一日遊べましたが
私の脚はかなりヘロヘロとなり
迫りくる老化を実感いたします。 笑

01IMG_4493.jpg

下山後、疲れた体を癒しに
ここ富山のネット情報にてヒットした
驚愕の「金太郎温泉」

まったくタイムスリップしたような
現役を続ける昭和の温泉センター

当時の情景そのままに
シイラカンスのごとく
什器、備品もそのままに
入浴後の休憩どころでは
大ステージ付でカラオケ絶叫中!
じいちゃん、ばあちゃんの
パラダイスと化していた!

また本題の泉質は
平湯温泉白骨温泉
ブレンドしたような超硫黄系の
濃くスバラシイ泉質!
源泉は自家掘削のかけ流し、
掛け値なしの名湯であった

その後、回転ずしを楽しみ
道の駅「滑川」で車中泊、
泥のように眠る

紅葉にはちょっと早かったけど
おもろかったぜ!










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。