上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぬおおおおおおおおお!
燃えたぜ!
男は林道だ!!!

4277.jpg

林道ツーリングは戦いである
自由への闘争だ!

解放を勝ち取るんだ!
※誰と戦ってんだ?何からの解放なんだ?? 
決して家庭的事情からではない 




7月9日 早朝
降水確率80% 
※っていうかドシャブリです

カッパを着こんでのツーリング出発に胸が躍る 笑
今から過酷な林道を目指す我々オヤジ一同を歓迎するかのごときこの豪雨、
スバラシイ

素敵な一日のスタートです  ※変態です



今回のツーリングはパリダカ製作デビュー戦でもあり30年ぶりの林道ツーリングである。
思いおこせば20代前半はオフ車にハマって毎週のように山間部、道なき道を探索し

「この道はどこに繋がってんだろう?」
「行った先はなにがあるんだろう?」
「この風景はなんでこんなにシビれるんだ?」


 30数年前、お年頃であった青年(笑)が

○若さから湧き出てくるのか?
○本能の欲求なのか?
○はたまたDNAに起因する行動パターンなのか?


この行動欲求の根拠、意味も分からぬまま、いや考えようともせず本能的に動いてしまう行為は若者の本質であり特権でありおバカな事も許されるエネルギー表現の一端でもある。

還暦を射程距離内に捉えはじめた今(笑)

○また走ってみたい
○限界集落に萌える現在の自分と繋がってる
○大人遊びとしての林道ツーリングのスタイルがあるんじゃね~のか?


若人の本能ではなく
大人としての良識と探究心をもって
「中山間部文化研究の旅」
へ行ってまいりました。
カッコつけてんじゃね~ 笑




一泊二日
明宝~荘川走破ルート及び安房峠~野麦峠走破


初日
豪雨の中、明宝スキー場縦断
落石箇所は随所、鹿・イノシシとも遭遇、幸運にも熊には出会わず
かなりヘビーなコースであり筋力も要求される。

しかしどうしてだろう?走りながらなぜか笑える
なぜこんなツラい遊びに笑えるんだ???


上記の写真は峠通過後やっとのおもいで舗装面に出てきたところのショット、
みんな大爆笑
「ぎゃははははははは」
ハラかかえて笑いました

林道走行中のショットはおもろすぎてカメラどころではなく宿泊地の平湯温泉まで雨中走行を楽しみ夜の宴会は午前二時まで焼酎づけ(笑)

二日目
昨晩のはしゃぎ過ぎがたたり終始グタグタぎみの行動
※初日で燃え尽きたのか 笑


前振りがなが過ぎて本題のツーリングレポート作成のエネルギーは使い果たしました。(笑)
ツーリング二日目と同じだ!  ペース配分ができない自分

総評
いや~楽しいわ
ひっさびさの
「オヤジの泥んこ遊び」でした

これは本能か???

追伸
お世話になったお宿の皆さん、ゴメンナサイ
小汚いオヤジが小汚いバイクで全身ずぶ濡れ、泥だらけでお邪魔することとなり大変なご迷惑をおかけいたしました。
今後はテント持参で行動するか?
(一部のメンバーがウオシュレットがないと無理と語っていたことが笑えた 笑)











スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。