上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1020267.jpg
~夏が来れば想い出す.....はるかな尾瀬~

いつかは歩いてみたかった秋の尾瀬、ハイシーズンの夏はさけての遠征でしたがそこそこの入山者はお見えでありました。
群馬、栃木、福島、新潟と4県に跨る湿地帯であり標高1400mの高地でもあります。
群馬県戸倉スキー場にて前泊し翌早朝鳩待峠まで専用バスに揺られて20分、環境保護のためマイカー規制です

P1020252.jpg

鳩待峠小屋よりいよいよスタート!

P1020257.jpg


P1020343.jpg


ここから宿泊予定の山小屋「弥四朗小屋」まで約4時間の行程
オカンの体力ではまったくの準備運動程度か?   怖~

P1020366.jpg

P1020307.jpg

尾瀬ヶ原にある山小屋は一般的山小屋と違いお風呂も存在する民宿的小屋であり登山用緊急避難を目的とした小屋ではありませんが間違っても旅館でもありません 笑
食堂、歓談室にはすでにストーブが焚いてありますが各部屋には暖房設備無し!10月下旬の閉山とともに閉館されますので必要無いといえば無いのでありますがかなり寒い 笑
部屋のくつろぎタイムはほぼ布団にくるまっている状態でありあくまでテントよりは快適レベルであり「遭難しなくて良かった」って感じ
※尾瀬ヶ原は全域にわたり木道にて整備されておりますので遭難しません

アルコール類は常備されているようであり安心である  笑

P1020306.jpg

9時消灯の正しきルールに従い満天の星空を拝みつつ爆睡
翌早朝より霧の立ち込めた幻想的風景の尾瀬ヶ原を堪能いたしました。

P1020350.jpg

登山ではないトレッキング、平たく言えばお山のお散歩程度でありますが十分楽しめました。
次回は春だ、また行くぜ!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。