毎週末、腐ったバイクをいじり倒してばかりでは気が変になる   すでにおかしいか?

静的遊びのガレージ作業と動的遊びのプチ旅は
天候にも左右されますがバランスが必要であり
集中しすぎるとオカンより攻撃を受けます  (笑) 
人生にはいろんな方面でもバランスが必要だ 

10月下旬より11月初旬にかけて日本の山々は
貴重な紅葉シーズンを迎えます。
今シーズンはあらたな機動力、
ぼロードスターがラインナップに加わり
野に山に、悪路に落石等「何でも来い」のタフなやつ
「屋根の開くジムニー」的利用方法で
大活躍をしております。  使い方間違ってるか?

当然ですがバランスの分かる男として
オカンとセットでの紅葉狩りである   (笑)



≪ここ数週間で巡った紅葉の峠

おにゅう峠 滋賀/福井の県境
0120161115.jpg

京都の北部、滋賀県と福井県小浜に繫がる元祖「鯖街道」
福井県側の道は未舗装の悪路でありトレールバイクであれば管抜きできますが普通車では微妙なコース
この季節は雲海でも一部有名でありますがまだまだ秘境の絶景ポイントであります。

01P1030111.jpg

ビューポイントでは通ってきた尾根道を見下ろすことが出来ます。

01P1030067.jpg

頂上の峠には駐車スペースもあり私たちも含め数名の登頂者がそれぞれ絶景を撮影

01P1030074.jpg

小浜の日本海もくっきりと見える

01P1030054.jpg

山頂近辺では紅葉時期が終わってたかも
01P1030088.jpg

昼食は途上の道の駅で調達した「鯖寿司」がお約束、
※ぼロードスターの正しい使い方である
こんなフランクなオープンカーがステキ♪


01P1030145.jpg

帰り道は「針畑の郷」と呼ばれる限界集落を通過、正しい古来からの日本を感じつつ中山間地域に住まわれる方々の苦労をしのぶ
01P1030174.jpg



鳥越峠 岐阜/滋賀の県境
0120161103.jpg

この日、山頂では雨でしたが強行に突撃!
国道303号線、夜叉が池近辺より南下する峠でありマイナーなコースでもある事からほとんどすれ違いなしの状況

01P1020939.jpg

当然、熊さん居住地域でありオカンはひたすらビビる 笑

01P1020942.jpg

01P1020944.jpg

山頂近辺は断崖絶壁の箇所もあり結構な迫力がある
峠を越え長浜経由で琵琶湖にて昼食、
天気も回復し湖岸をトレッキングの際、
湖岸で吹奏楽の練習をされる少女に出会う
      しばしの野外音楽会
感動した! 今日もいい日であった
おじさん、おばさんと遊んでくれてありがとう!

01IMG_4735.jpg


春日村 「天空の遊歩道」
0120161114.jpg

揖斐高原から春日村に抜けるルートは開通当初より不思議でならない出来過ぎた道路。とにかく立派な道路でありますがセンターラインには草が生える使用状況でもありどうして?と地方行政の不思議さを毎回感じるコース
紅葉もすばらしいですがつい最近「天空の遊歩道」としてお茶畑を眼下に見下ろす観光化をはじめられた場所があり行ってみることに

01IMG_4738.jpg

長野県 「しもぐりの里」のお茶畑バージョンではありますが随所に粗さが目立ちます (笑)
これからです、がんばってくれ!


ここのところバイクでの林道ツーリング、限界集落探訪につづき紅葉の季節をも田舎に行ってしまう、
どうしてだろう?
なぜこの様な行動をとってしまうのか?
オープンスポーツであるボロードスターを
ジムニー仕様としての活路を妄想し
「車高を上げてみるか?」
検索してしまう私は
なにかが壊れ始めているのか?

わたくしの方向性は如何に?

自分が怖い  (笑)
01IMG_4605.jpg

今回の酷道ツーリングは
ボロオープンで行きました

はい、四輪です

砂利道は無くオール舗装路
ただただ道幅の問題があるのみ 

安全でもございますので
オカンと巡る酷道四輪ツーリング
を試行してみました。  

01美山町

琵琶湖湖西の高島より西へ向い
京都 かやぶきの里 美山町を目指す

京都大原、鞍馬の北部より
日本海舞鶴、小浜あたりまでの地域は
まるで「日本むかし話」の風景が
現在も脈々と続いており
決して廃村ではない生きた村が
京都北部には点在する

01IMG_4604.jpg

鹿、イノシシ除けの電柵の向こうには
現役の山村がぽつりぽつりと出現

01IMG_4601.jpg

限界集落に括られる地域なのでしょうが
普通の暮らしが営まれてるんです!
下草刈も丁寧な文化的な香り漂う
美しき限界集落

いくつもの峠を挟んで
こんな素敵な山村が点在する
京都の北部地域

01IMG_4609.jpg

まったくの快晴であったことが
村の印象にも大きく影響いたしますが
素敵な酷道ツーリングコースであります

※数年前、アキラ師匠との
二輪ツーリング時に
この道に出会いました。
帰還後、この感動をオカンに
興奮状態で話すも
全く伝わらず
今回の同行体験ツーリング
と致しました

01IMG_4620.jpg

目的地である「かやぶきの里美山町」
は随分観光化され
外国人客の姿も目立ちました。
日本の原風景が観光都市京都の
北部にあるんだから地の利は良し

一時のブームではなく
末永くこの文化を
継続できる地区となる事を
心より望む





15年の歳月によるヤレと音響メディアの現代仕様へのバージョンアップ

○革張りシート対策
15年経てば革製品はこうなるの典形
見るも無残な惨状でありここは人工皮革PVCを使用したフルカバーを被せる。
2脚で¥19,000程度
ステッチも微妙なラインもこのNB後期型用に完璧にジャストフィット!

0035.jpg

スバラシイ
全てを覆い隠してくれる
※人間用が出れば即購入したい 笑


○エレクトリック弄りによるIPHONE+BOSEサウンド+NAVI
当時のBOSEサウンドは素晴らしいものであったようですが当然CD挿入タイプの旧式。
デッキごと¥10,000程度のものに変えようかと某ショップへ伺うとデッキ以外に配線キットとマウントユニットが必須でありプラス¥10,000と取付量が発生するとの事、さらに快適にブルートゥース接続を欲せばデッキも上級のバージョンが必要との事

幌とかホイールとかシートなど物理的個体に対しての出費は納得できるが電子的小物に対しての経費は納得できん!
ましてや¥130,000落札車両価格に対して法外な出費だ
というか
私はエレクトロニクス系が苦手であり本業であるコンピュータも得意じゃない(大丈夫か~笑)

私が好きになろうとしても脳内が拒否反応する
電気系から嫌われてる自分 


しかし
このまま老化し電気系から逃げたままの人生でオレはいいのか!



なんて能書きはこのへんでやめときます 笑
ただ単に手出しができない回路とか小さな基盤の「費用対効果」が許せないセコさからでありもともと電気系がキライなだけです。



この搭載されてるBOSEシステムはアンプは生きてるしFMは聞ける。またドア埋めこみのスピーカーも高価なもののようでありさらにBOSE専用の抵抗が内蔵されている様子。
再利用するしかない
※ただ単にセコいだけの話である 爆笑

ネットで同じように悩み解決された先駆者のサイトを参考に
①デッキ裏側の14ピンプラグからピンコードで電源を取りスイッチを設ける(09K抵抗必須)
②3.5ミニプラグ左右とアース三点を抽出、市販のプラグコードにハンダ付けする
③IPHONEよりシガライターUSB2.4A電源とイヤホンジャック接続
※マウントは昔使ってたFMスプリッターの残骸をバラして組付け
※当然アキラ師匠にも相談した 笑

P1020522.jpg

完璧である
電気なんて簡単だ


計画、調査に1週間、作業に半日
ほとんどデッキの脱着に時間がとられましたがAUXオンライイン接続でのサウンドはスバラシイ!
BOSEが現代の機器と融合できました。
またYAHOONAVIの常時接続により何の遜色もなくナビゲーション機能に満足できました。
※部品代¥2,000程度のゴミ寄せ集め仕様

やっぱ私は天才かもしんない

あ~おもろかった
次は何をいじろうか?





≪某中古車オークションにて≫

ロードスター1800VS (革張り、BOSEサウンド)
評価点 4.0 (5点満点)
※オカン仕様AT 涙

2001年式 ※15年落ち
¥130,000 落札 
走行距離 93,000KM

≪問題部位≫
・スタッド用不明アルミにツルツルタイヤ
・タン色ビニール幌の破れ(雨侵入箇所あり)
・革張りシートの破れ(悲しいほどの惨状)
・ステレオCD不動、旧規格による外部端子なし
(IPHONE接続できずFMのみ)

人前に出せるよう、オカンが足車として乗り廻せる程度まで仕上げてみます。
久々にコーフンする行為である

  弄った部位

○アルミホイールとタイヤ
ヤフオクで15インチ6J7分山タイヤセットを
¥25,500で落札
ブラックボディに生える黒、アルミ色コンビを選択

○幌張替え
AUTO-TOPS製 布張り購入 
純正のタン色より濃い目のオプション色 「ブリック」選択
チョ~お値打ち価格ですが当然自家装着
簡単に考えてましたが延2日間、15時間ほど手間取りました。技術的苦労よりも修業的作業がしんどかったですが出来栄えにはシビレマス!

0034.jpg

次回は
○革張りシート対策
○エレクトリック弄りによるIPHONE+BOSEサウンド+NAVI
の報告を致します。

なんて充実した時間なのであろうか
無価値で墓場行きまじかの個体を蘇らせる行為は私にとって本能の何かを激しく揺さぶる行為でありまさに興奮と官能の世界に浸れます。

私は変態なのか?




カッチョエ~
シビレる~

いいわ~

20151124173847.jpg

一家に1台、オープンカーは必要である

初老夫婦2ケツバイクツーリングは危険だ

オープンカーなら安全にツーリングできる

オカンのスーパーお買いもの車として最適だ 

オカンの愛車スイフト君は次男坊が冬休み帰省時より乗って帰ってしまってから戻ってこない  

このタイミングだ!



今しかない!



あくまでオカン用である!




買っちゃいました


0033.jpg


             なにか?